ヒアルロン酸(自分で注射したりするのは非常に危険です)とコラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)は、違うものなのでしょうか? よく混同されてしまいがちですが、ヒアルロン酸(水溶液は無色透明で、ゲル状になっています)とコラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)は全く違う成分です。 ヒアルロン酸(1940年代に、競赭馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)とコラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)といえば、「美肌成分」として有名ですよね。 近頃の化粧品には、必ずといっていいほどふくまれている成分なのですね。 一緒に配合されていることが多いため、名前はちがっても同じような働きをする美容(お金と時間がかかってしまいますが、かけただけの成果は出ることが多いものです)成分だと思われている方も少なくありません。 でも、実は、その働きも全く畭なったものなのです。 コラーゲンはタンパク質の一種で、真皮の成分の多くがコラーゲン(皮膚だけでなく、骨や軟骨、内臓や血管にもあります)と水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)でできています。 つまり、コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)は真皮を構成している成分の一つでしょう。 そして、コラーゲンには保湿力というものがありません。 さて、それに対してヒアルロン酸は、大変保湿力が高いことで知られている成分ですよね。 ヒアルロン酸は「多糖類」の一種で、タンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)と結合しやすい性質を持っています。 そのため、ヒアルロン酸はタンパク質であるコラーゲンと結びつきやすく、しかも保湿力があるのです。 コラーゲンを摂取することで肌の新陳代謝(古い細胞と新しい細胞が入れ替わることなどをいいます)を助け、新しくできる真皮の成分を補うことができます。 さらに、ヒアルロン酸を摂取すれば、保湿力まで得ることが出来ると言うわけですー